生活

2014/09/18

iphone6、iPhone6Plusスキンシールを作ってみた

ip6seal-cover

こんにちは、デザイナーのさっちゃんです。
いよいよ明日はiphone6とiphone6Plusの発売ですね!

我が社のミートアイ編集部の皆さんも、3日前から表参道店で蚊の恐怖と戦いながらスタンバイしていますよ!
リアルタイムレポートはこちら!→【更新中!】iPhone 6購入、Apple Store 表参道行列リアルタイムレポート

さて、既に市販のケースも多数販売されてるようですが、先日あるものを発見しました。

印刷して調べよう。iPhone 6&6 Plusの大きさがわかる「型紙」
http://www.gizmodo.jp/2014/09/_iphone_66_plus.html
出典:GIZMODO

これだ

こんなものを見つけてしまったからには、自作でケースというか背面シールを作らねばなりますまい。

というわけで、型紙を印刷します。

ip6seal-1

ついでに、後ろにりんごマーク(欠けてない)を色違いで貼りたいので手書き。

ip6seal-2

今回使うシールはこちら!
天然モクモク 樹のシート

ip6seal-3

切って貼れるやつです。

これに型紙を貼って切ります。

ip6seal-4

できました!!

ip6seal-5

カメラ部分が開いてない

色の薄い方がiPhone6、濃い方がiPhone6 Plusです。

早速既存の端末たちと一緒に並べて大きさを比較してみましょう。

ip6seal-6

左からiPhone3G、iPhone5、iphone6、iPhone6 Plus、Yukichi10000、ダイオウグソクムシたんiPhoneケースです。

iPhone6 Plus大きいですね。
一部界隈で一万円札に大きさが近いと言われていましたが、確かに同じくらいでした。

後はiPhone6とiPhone6 Plusが届くのを待つだけ!

自分で作るとまた楽しいのでおすすめです。
では(^O^)/